北海道東日本きっぷな旅のday5

正直なところ、もうつかれた

のんびり、パンでも食うことにしました。

なんだか、ノンノンな気分。
コッペパンには選択式で、いろんなものが入れられるタイプ
普通にうまいし大きいし、具も多め。2個で普通に朝飯って感じ

↑じつはパン屋さんに財布一式おとしてジョギング挟むっていう一興あった。
パン屋のおねぇさん優しすぎてまじ惚れた。。。。

優雅っぽい朝を終え、盛岡を出ます。

雨予報でしか無いし、、、ってことで温泉で一服することにしました

盛岡から北上に向かい、ここで温泉宿の迎えのバスを待ちます。

どうやら、昨日までお祭りだったらしい。そんなことより、このキャラが若干腹立つ。

超時間あったので、案の定散策。案の定何もない。川を渡る橋もない。こまった。

川渡ったらあった。民俗資料館なり、川下りなりあったけど、観光地特有の月曜定休。

しかたないから、駅にもどって、ひっそりとある蕎麦屋で飯。
多分数割そば。質素や。

いざ、秘湯へ

夏油温泉なるところにいきました。元湯夏油です。
駅からは、1時間かかるくらい。道は整備されていますが、ダム超え、山谷超えってかんじ、
途中から圏外です。いえーい

秘湯感満載。ここで温泉漬です。
もちろん、秘湯守るの会員のお宿。

地面に湧き出ているところに湯船があるタイプ。

もともとは複数旅館があって、建物はゴチャだけど、温泉は昔から変わらないらしい。
って、旅館の廊下に張られた写真が物語ってた。

混浴だけど、まぁ平日だし、気にしない。それにしても景色が最強にいい。浴場だから載せないけど。

一番奥の大湯ってのが罰ゲーム並みの高温な温泉。湯治客はここに浸かるらしい。
自分は普通にハマった。多分また来る。中本みたいな感じ。

まわりもいい。

周りを散策できて少し散歩。
実は滝の裏に温泉がある。でも、通行止め。

滝つぼのマイナスイオン感。この風。いい。いるだけで健康になれそう。

普通に、栗駒の登山ぐちあるのウケル。

夜ご飯。なんでマグロあるのかわからない。

周りは夫婦や一人のおじいちゃんたち。圧倒的に平均年齢下げてるのね我々。
普通に湯疲れして、飲み物は烏龍茶。
ここでも櫃を2回おかわり。

大湯のおかげで、圧倒的睡眠。。。。。。。記憶はもちろんない。

PAGE TOP